Archives: 8月 2016

郷里の村を引き戻す結果

郷里の村を引き戻す結果、帝都で兵士に志願しようとやって来たタツミは、なので帝国の特別たちをひっきりなしに暗殺やる殺し屋一団・ナイトレイドの逸話を耳にする。路頭に迷っていた所を親切な貴族に助けられ、その建物でタツミはナイトレイドと遭遇する。建物の先住民たちが惨殺されて出向く中間、タツミは建物の一人娘を守らんといった、ナイトレイドのメンバーの1ヒューマン、アカメと対峙する。ただし闘いの途中、ナイトレイドの殺し屋たちから帝都の腐敗のちゃんを突きつけられる。その犠牲となった輩の中に、一気に村を出たグループたちがいたことを知ったタツミは、グループを拷問にかけていた建物の一人娘を処断する。タツミの殺し屋としての知恵を見込んだナイトレイドのメンバーを通じて、タツミは強引に殺し屋一団に身を捧げる羽目になってしまった。連れられた企業で、ナイトレイドは腐敗した帝国を打倒すべく活動する反帝国人脈の暗殺一団ですことを解る。タツミは市民たちに突き刺さる惨事の素因が、小さい皇帝を唆す大臣におけることを報じられ、ナイトレイド出場を決意する。様々な効用を持つ特殊な軍機・帝用具による圧巻の争い行為。闇に通じる殺し屋たちの手に汗握るダーク幻想が開幕やる。

やめられない、止まらない。すなわちたばこは、かっぱえびせんです

Kは続けました。「だけど、いつまでも吸い続けようとも思ってないっす。良い時代こいた勤め人が駆け煙草してるのって見るからに野暮ったいじゃないっすか。自分はそれほどなりたくないんで、とにかくあちこちでケジメ付けようかなと思ってます」Kの意見に自分はつい陶然としてしまった。隣席におけるN・TというM・TもKを見張るように静かに頷いていました。そう、K。お前はまだまだいじけるべき人間では無い、とでも言わんばかりに。Kの奥様は、意外や思いの外面食らったような面構えで安堵のため息をついていました。「ふむふむ。行く行くはたばこを止めようという意思はあると――」今一度、N・MがKにスピリット確認をしました。「高。も正直言うと、ヤメみたいかなっておもう反面、ヤメたくてもヤメられない自分もおるんすよ。自分の里、表通りアトリエばっかでタバコ職場不条理生じるんで。これじゃ吸えって言われてるようなもんすよ」私も昔は、こんなもののどこがおいしいのか全然分かりませんでした。従前、なんでおとなはたばこを吸うのかって、今は亡きヘビースモーカーだったおじいちゃんに尋ねたことがありました。吸っていると疲れが取れるのだとおじいちゃんは力説していましたが、いざ試しに自分の肺に入れてみると、忽ちにして咽返った幼き日の夕際年の暮れは今でも美しく思い起こします。ラブリーレッグ公式サイト